RUNNETハセツネ・富士登山競走エントリーの必須準備

「ハセツネ(長谷川恒男)カップ 日本山岳耐久レース」の参加定員は2,500名。そのうち30K上位完走者男女合わせ1,100名、15回以上完走者、スタッフボランティアの優先枠を引いた一般枠は1,000名強。

倍率は3~4倍といわれ、先着順なため受付開始からわずか5分で満員になる。エントリーに成功できるかどうかが0次関門という、国内屈指の難関レースだ。参加の難易度は、同じく受付先着順の富士登山競走と同じくらい高い。

RUNNETのウェブサイトから、ハセツネおよび富士登山競走に効率よくエントリーするためのテクニックをまとめてみたいと思う。

エントリー作業の時間を確保

ハセツネのエントリー開始は平日の朝10時。このタイミングで申し込みできる時間と場所を確保することが大前提となる。社会人には少々厳しい時間帯だが、業種によっては午後9時開始の富士登山競走の方がもっと厳しいだろう。

趣味に理解のある職場や家庭であれば、とにかく根回ししてエントリー時間を確保するしかない。事前準備も含めて、申し込み開始30分前の9:30にはスタンバイしていることが望ましい。準備中は玄関に鍵をかけ居留守。携帯・スマホもマナーモードにするか電源を切っておく。

安定したネット接続環境を準備

できればスマホでなく、PC・有線LANの安定した環境でエントリー合戦に臨みたい。画面の大きさやフォームへの入力速度など、あらゆる面でPCの利便性が勝る。

ネット回線は自宅もしくは職場の光ファイバーで接続できればベター。どこがボトルネックになるかわからないので、自分は下り1Gbps以上ギガレベルの回線を契約して、LANケーブルもカテゴリ7対応、金メッキシールドプラグの単線仕様にグレードアップしておいた。

PCのCPUはCore i7で、万が一のトラブルに備えて再起動が早いSSDに換装。解像度が高く作業しやすい4Kディスプレイも用意した。念のためWindowsやその他ソフトの自動アップデートは設定解除しておく。

ランネットの利用推奨環境は、2018年6月19日の最新版でWindowsならOSは7以上。ブラウザはIE11以上もしくはChrome、Firefoxの最新版。SafariやOperaのニッチなソフトも使えるかもしれないが、あえて選ぶ理由はない。

経験上、IEよりChromeかFirefoxの方がトラブルが少ないと思う。ブラウザの設定でSSLやクッキー、JavaScriptを無効化していないかも、念のため確認しておこう。

RUNNETのエントリータブを開いておく

大前提としてランネットへの登録は事前に済ませておく。参加料をカード払いする場合は、クレジットカードの情報もあらかじめ登録しておこう(申し込み時にカードを選択するだけで済む)。そしてエントリー前にログインした状態にしておくと、画面遷移の回数を減らせる。

サーバーに負荷をかける複数端末・ブラウザ・タブでの同時アクセスは非推奨とされているが、実際は皆やっていると思う。もしかすると将来的にペナルティーが科されるかもしれないので、自己責任でどうぞ。

当日は対象レースのエントリーページを開いた状態で待機。細かい注意点としては、大会要項などが記載された初期表示の「基本情報」でなく「エントリー」のタブを開いておくこと。申し込み開始時間になると「エントリー」タブへ遷移するだけで待機状態になるため、ライバルに遅れをとってしまう。

ランネット、ハセツネエントリーのタブ選択

必要情報を整理しておく

申し込みフォームではランネットに登録してある会員情報以外に、緊急連絡先の氏名・電話番号入力や、各オプションの選択が必要になる。

生年月日や住所などは会員情報がそのまま適用されるので入力は不要だ。もし「郵便物の受取先を変えたい」などの事情があれば、先に会員情報を編集しておこう。

ハセツネの場合、フォームで入力が必要なのは以下の項目。

  • 血液型(プルダウンメニュー)
  • 緊急連絡先(氏名、全角)
  • 緊急連絡先(電話番号、半角、ハイフンあり)
  • 公認マップの申込(A2版カラー1部800円、不要/申込する、部数)
  • 完走賞Tシャツサイズ(XS/S/M/L)
  • 山岳遭難対策制度加入の有無(3種いずれかに加入している/加入予定)

血液型は「RH+/-」も選択が必要なので、事前に確認しておきたい。実家や家族の緊急連絡先もコピペできるように整理しておく。

山岳遭難対策制度はとりあえず「加入予定」を選んでおけば問題ない。自分は初参加の際、後から調べてモンベルの野外活動保険に加入した。

申し込み画面の上部には、「エントリー完了者数が定員に達した場合は、申し込みの途中であっても、受付が締め切られます」という警告が表示されている。

ランネット、ハセツネエントリーの警告画面

待機画面のループを抜けてエントリー画面にたどり着いても、フォーム入力で迷ったり遅れたりすると成功率が下がる。毎年わずか数秒の差で、エントリーを逃す人たちもいることだろう。

上記の情報をすみやかにフォームに入力できるよう、RUNNETの画面遷移を予習してイメージトレーニングしておきたい。

ハセツネ公認マップは不要

初参加の際はハセツネ公認マップの購入を申し込んだが、後から考えるとこれは不要だった。ルートは基本的に『山と高原地図 奥多摩 御岳山・大岳山』にも載っている登山道。年によって変更される場合もあるが、大まかなコースは変わらない。

さらに本番前に届くガイドブックには、公認マップと同じ内容の詳しい地図が含まれている。ポイントごとの写真と断面図も付いていて、これさえあればマップはいらない。

ハセツネガイドブックの掲載地図(概略・断面図)

ハセツネガイドブックの掲載地図(概略・断面図)

公認マップの存在意義とは、ガイドマップ到着前に自主練したい人向けだろう。奥多摩の地図を持っていなければ、登山用にも流用できる。別途公式サイトから買う場合は決済方法がゆうちょ銀行への振込だけなので、エントリーと同時に申し込むと手数料を省ける。

ハセツネ公認マップ

ハセツネ公認マップ

本番でもコースの要所要所に目印が設けられており、標準的なタイムなら並走する人も多いので、まず迷う心配はない。ただし睡眠不足の夜間走行では、どんなアクシデントが起こるかわからない。事前に試走して、分岐点など確認しておくのがおすすめだ。

参考までに、練習で走ったルートをヤマレコでプロットしてみた(前半後半)。本番では細かいコース変更があったが、これで概要程度はつかめると思う。

フォーム入力を高速化する裏技

必要事項をフォームに入力するには、あらかじめ別のテキストエディタに下書きしておいてコピペするのがスムーズだ。さらに高度なテクニックとしては、Microsoft IMEで単語登録したりマクロを設定する方法がある。

自宅の住所や電話番号などの定型文は、辞書登録して1文字で変換できるように設定すると日ごろの作業にも便利だ。たとえばひらがなで「で」と打つと電話番号「090-XXXX-XXXX」が変換候補に出るよう、IMEで「短縮読み」を登録しておく。

Microsoft IMEで単語の登録

また高機能なマウスを持っていれば、任意のボタンにマクロを設定しておくテクニックもある。たとえばロジクールのゲーミングマウスの場合、専用ソフトで「マルチキーマクロ」に定型文を入れておけば、クリックひとつでテキスト入力できる。

マウスのマクロ設定画面

元はゲームやCAD作業用の補助ボタンだが、マクロに文字列を割り当てればこういう使い方も可能だ。ほかにもフリーのマクロツールはいろいろ出ているので、エントリーのフォーム入力に活用するのもありだろう。