サイドカットは修理不能。新品チューブ即パンクで結局タイヤ交換

出張先でのチューブレスタイヤ修理。何度やってもビードが上がらないので、結局あきらめて中にチューブを入れることにした。しかし今度はタイヤに貼った補修パッチが裂けて、あっけなく空気が抜けてしてしまった。

どうやらタイヤに開いたサイトカットの穴は、パッチ程度では修理不能なようだ。中にゴム片を入れてカバーする方法もあるが、結局タイヤごと交換することにした。

チューブレスタイヤにチューブを入れる

予備で持っていたBONTRAGERの安いチューブ。いかにも厚くて重そうだが、3年間サドルバッグに入れっぱなしにしていたわりには、きれいな状態だ。

tubeless_repair13

バルブ長も50mm以上あるので、リムハイト32mmのJETFLYに問題なく適合する。

tubeless_repair14

タイヤにチューブを入れる作業は3年振り。ネットで手順を復習しながら、片方のビードをはめて、チューブを入れてからもう一方のビードを上げる。以前は素手でできるくらい練習したが、さすがにX-Guardは固くてタイヤレバーを使わないとはめられなかった。

tubeless_repair15

ACOR、AS3のポンプでビードは上がらなかったが、普通のチューブなら難なく100Psiまで上げられた。さすがに最後の方は抵抗が大きく、体重をかけないとポンプを押せないくらいだった。しかしこのコンパクトサイズで空気圧ゲージもついているとは、なかなか便利な携帯ポンプだ。

tubeless_repair16

チューブレスでは少し柔らかめの6気圧くらいで乗っていたが、チューブを入れるなら高圧にしておきたい。一応タイヤには800kPa/115PSIまで対応と書いてある。

tubeless_repair17

今までチューブレスのビードを上げるのにさんざん苦労したが、中にチューブを入れたら一発で決まった。

空気を入れるとタイヤがピキピキ鳴り、ビードがバコッといってはまる、あの爽快感は味わえない。しかしタイヤ装着の簡単さからいうと、チューブレスの欠点を補うためにクリンチャーが発明されたのではないかと思われるくらいだ。

サイドカット穴からはち切れそうなチューブ

X-Guardにボントレガーの予備チューブは無事収まった。しかし6気圧ほど入れたところでタイヤ表面を確認すると、パッチを貼って修理したサイドカット部分が今にも裂けそうになっている。そのまま空気を入れ続けたら、内部のチューブに押されて餅のように膨らんできた。

sidecut03

とりあえずこの状態で走ってみたら、500mくらいでブシュッといって、あっけなくパンクした。タイヤを外してみると、案の定サイドカット部分に貼ったパッチが裂けてしまっている。チューブも同じ個所に穴が開いていた。

sidecut04

マルニの厚いパッチをセメントで丁寧に貼ったのに、このありさま。タイヤ側面のパンク修理はなかなか難しいようだ。確かに今回のパンクはチューブに空いた小穴と違って、タイヤ自体が5mmくらい裂けている。パッチでふさぐのは、そもそも無理だったのかもしれない。

サイドカット応急処置用のゴム片を作成

調べたところ、サイドカットを修理するにはパッチに加えてゴムの切れ端や厚紙を挟むらしい。そうすれば今回のように、裂け目からチューブがはみ出るのを防ぐことができるのだろう。

適当な素材を探して、チューブとタイヤの間に挟んでみてもいい。ただタイヤの中に異物を入れると、走りながらポコポコお尻を突き上げてくるだろう。外周の重量バランスも崩れる。これはあくまで、出先での応急処置というテクニックに思われる。

X-Guardのトレッドはまだ摩耗しきっていないが、寿命と思ってタイヤを買い替えることにした。そして処分する前にハサミで切って、パンク補修用のゴム片をつくってみた。

sidecut09

また似たようなパターンで大きくタイヤが裂けた場合、この切れ端を中に仕込めば多少は走れるだろう。少しかさ張るが、携帯用のパンク修理キットに加えておこうと思う。

試行錯誤して結局タイヤ交換になってしまったのは残念。しかし、サイドカット修理のよい勉強になったとはいえる。