トライアスロン依存度判定~やりすぎると寿命が縮む、健康リスクについて

トライアスロン依存度判定

以下の10項目のうち、Yesと思うものを数えてください。

  1. 5kmくらいの距離なら「走っていこうかな」と考える
  2. 20kmくらいの距離なら「自転車で行こうかな」と考える
  3. ロードバイクで集団走行することに罪悪感を覚える
  4. ハンガーノックにそなえ、補給食を常に持ち歩いている
  5. 必須アミノ酸のBCAAを全種類言うことができる
  6. 健康診断で徐脈と診断されたことがある
  7. 服を着替えるのが人より早いといわれる
  8. 自衛隊や米軍基地に入ったことがある
  9. 出張にはシューズだけでなく水着も持って行く
  10. アイアンマンと聞いて映画よりレースを思い浮かべる

  • Yesが0個…スプリント級。健康的な普通の人
  • Yesが1~3個…オリンピック級。まだやり直せる
  • Yesが4~6個…ミドル級。そろそろ危ない
  • Yesが7~9個…ロング級。立派な鉄人
  • Yesが10個…KONA級。もはや手遅れ

レースや練習でトライアスリートに会うと、こうした日頃のあるあるネタで盛り上がる。長時間の練習を要するエクストリームなスポーツなので、日常的な習慣や体質まで似通ってくるようだ。自分でやってみると8項目あてはまった。

トライアスロン依存症

振り返ってみると、トライアスロンというスポーツには中毒性がある。ランナーズハイより強力な脳内物質が出続けているのだろう。練習のプロセスによる行為依存の可能性もある。

知らないうちにのめり込み過ぎると、健康を害するだけでなく、お金や時間をつぎ込み過ぎて生活が破たんおそれがある。

トライアスリート

トライアスロンはマラソンより間違いなく機材やレースにお金がかかる。借金してまでパーツを買ったり、高額な参加費を捻出するようになると重症だ。2019年5月にWHOが国際疾病として認定した「ゲーム障害」の基準を参照すると、

  1. トライアスロンをする時間や頻度を制御できない
  2. トライアスロンが他の関心事や行動に優先する
  3. 問題が起きても続ける
  4. 個人、家庭、学業、仕事などに重大な支障が出ている

という状態が12か月以上続くと危険サイン。ランニング中毒と同じく、いずれISDの疾病分類やDSMの診断基準に採用されてもおかしくない。

運動しすぎて体を壊す

近年「ランニングのしすぎは体に悪い」という医療専門誌の報告が話題になっている。具体的な基準としては、以下の範囲を超えるとランニングによる健康増進効果はなくなり、かえって心筋梗塞のリスクが高まるそうだ。

  1. 走行距離が、1週間に32キロを超えない
  2. 走る速度が、時速8~11.2キロ
  3. 走る回数が、1週間に2~5回以内

長生きするのはどっち?』 秋津壽男

3種目のクロストレーニングを行うトライアスロンでは、さらに心肺への負荷が高まるだろう。先日の健康診断では脈拍が40を切り、「洞性徐脈も行き過ぎるとペースメーカーが必要になる」と医師におどされた。

いわゆるスポーツ心臓というのは、運動をやめれば普通の状態に戻せるらしい。有酸素運動のし過ぎで体内に活性酵素も溜まっていると思うので、せめて抗酸化作用のあるビタミンC・Eやカテキンを多めに摂取して、ガンの予防に努めたいと思う。