ダホンK3でも本格的なヒルクライムは可能(奥多摩周遊道路)

ダホンの折りたたみ小径車、K3で奥多摩周遊道路を走ってみた。東京都の道路としては一番標高の高い風張峠。ギア3速の小径車でどこまでいけるか半信半疑だったが、奥多摩湖側から足を着くことなく上りきることができた。

7.8kgという車体の軽さを生かした登坂は、むしろK3が得意とする場面かもしれない。さすがにギアが足りずに立ち漕ぎする回数が多かったが、耐えられないきつさではない。フロントダブル、20速のロードバイクと比べて、身体的な疲労度もそう変わらない感じがした。

吉野街道~古里駅

途中の古里駅までは、青梅街道でなく吉野街道(都道201号)でアクセスした。ロードバイクであればスピードを出しやすいルートだが、K3ではちょっとした坂でもノロノロ運転になる。連休中で車は多いものの、トラックが少なかったのは幸いだった。

古里駅前のセブンイレブンは青梅街道沿いの休憩スポットだが、キャンプや登山のお客さんでトイレが混んでいる時がある。その際は、信号を渡ってすぐ先の古里駅にある公衆トイレを利用するのがおすすめだ。改札の外にあり無料で使用できる。

古里駅の公衆トイレ

天気予報ではこの先晴れる見込みだったが、雨雲レーダーになかった雲が山からどんどん湧いてきて、瞬間的に土砂降りになってしまった。

小径車でも、濡れた道路や水たまりから泥をはね上げる強さは変わらない。むしろ1.35インチという太めのタイヤで泥はねが多いのか、シートポストやサドルバッグ、お尻から背中にかけて砂利まみれになってしまった。

14インチの小径車用、泥除けフェンダーも販売されている。もし通勤などで雨でもやむなく走る場合は、取り付けた方が後々の掃除も楽だろう。

小河内ダム前のトンネルが難所

ここから先、奥多摩湖に上る途中にはいくつかトンネルがある。長さはせいぜい200メートルくらいなので、ロードバイクならそのまま走り抜けるのが普通だ。しかし小径車だと直感的に危ない気がしたので、おとなしくガードレールをまたいで歩道に移った。

青梅街道のトンネル

最大の難所は奥多摩駅を越えた先、狭いトンネルが2つ連続する部分。ここは歩道がないので、ライト全点灯して車道を進むしかなかった。普段より交通量が多いうえ、バスまで走る道。そして青梅側からだと、トンネル内はずっと上り坂でスピードも出ない。

奥多摩湖前のトンネル

なるべく路肩に寄りたかったが、道路の脇に堆積した得体のしれない泥やぬかるみがある。このトンネルはたとえロードバイクに乗っていたとしても、難関であることは変わりない。基本的にこのルートは奥多摩湖から下る方向でしか、自転車で走らない方がいいと思った。

奥多摩湖側から風張峠に上る

小河内ダム直前のきつい坂は、昨日、梅ヶ谷峠で練習したローギア・ダンシングでこなせた。トンネルさえ気を付ければ、K3で青梅街道を上って標高530mの奥多摩湖までは到達できる。

小河内ダム前のダホンK3

ダム湖のまわりは平地で楽しいツーリングになると思ったが、ここも案外トンネルが多くて苦労した。ロードバイクではスピードを出して突っ切れるような短いトンネルでも、時速30km出ないK3では毎回ひやひやさせられる。

深山橋を渡って、目的地である奥多摩周遊道路の入口に到着。旧料金所付近の川野駐車場で食料補給しながら装備を確認する。ここから先、月夜見第一駐車場までの9.3km区間が本日メインのヒルクライム区間だ。

あと1枚ギアが欲しい

序盤の傾斜がゆるい部分は2速で走ってギアを温存したが、すぐにロー側を全開放しないとペダルを回せなくなった。一瞬勾配のゆるくなる部分は2速に戻すが、コースの9割は1速しか使用せず。

K3のローギア(53T×17T)は、体感的にロードバイクのコンパクトクランク34T×25Tより1~2枚分は重いという印象。わずか3速でこのワイドな設定はすごいといえるが、本格的な坂を上るならもう1枚ギアが欲しいところだ。これ以上押し込めないシフトレバーを、無意識に何度も押してしまった。

平地走行でも「あと1枚重ければもう一声、加速できる」という局面が多いので、K3ならぬ5速のK5なんて新車種が出たらおもしろい。ただしその分、重量は増えるだろうし、そもそも14インチの小径車で本格的な峠を上りたいという需要も少ないだろう。

頻繁なポジションチェンジでしのぐ

坂道を淡々と上る心境は、小径車でもロードバイクでも変わらない。K3のローギアは普段のロードより重いので、きつい坂ではほとんど立ち漕ぎ状態になる。サドルに座って足を回すより疲れる気はするが、ポジションを変えると身体をほぐせる利点がある。

今回はバーエンドバーをフラットハンドルの両端にセッティングしてきた。心々52cmもあるのでドロップハンドルに比べるとかなり広めだが、胸を開けて呼吸が楽になる。10cm以上あるバーエンドのおかげで、先端だけつかんだりコーナー部分に手の平を乗せたり、バーの持ち方もいろいろ変えられた。

バーエンドバーを使ってポジションチェンジ

ギアまわりはもうできることがないので、身体の姿勢を変えつつ勾配の変化に対応するしかない。太ももや背中など一か所に疲労がたまらないように、普段より頻繁にポジションを変えるようになった。

疲労感はロードと変わらない

ギアが少し重い以外、坂を上る感触はロードバイクとそう変わらない。きつい坂はどの自転車で上ってもきついし、K3は車体が軽い分、むしろ楽なのではないかと思った。立ち漕ぎで車体を左右に振る場面でも、14インチだからといって不安定に感じることはなかった。

奥多摩周遊道路はかなり路面が整備されていて、勾配もほぼ均等に設計されている。いわゆる激坂クラスの斜度に出会ったらどうなるかわからないが、ひとまずK3でも風張峠には足つきなしで到達できた。

月夜見第一駐車場のダホンK3

川野~月夜見第一駐車場区間の走行タイムは42分くらい。平均的に時速11km程度で走れたと思う。

K3で峠をダウンヒル

K3で奥多摩に来て、もうひとつ検証したかったのは下り坂での安全性。おもちゃのような小径車で、風張峠から無事に下って帰ることはできるのだろうか。結論からすると、十分に注意して減速しながら下りれば問題はなかった。

風張峠のダホンK3

ダウンヒルでロードよりスピードを落として慎重になるのは、段差に対する配慮と同じだ。普段より意識的にブレーキングして、迫ってくる路面の段差、障害物、コーナーに神経を尖らせる。

そもそもギアが3速しかないので、35km/hくらいになるといくら足を高速回転させても、それ以上加速できない。ロードであれば下り坂でもペダルを踏み込み最高速度に挑戦してみたい興味が出てくるが、K3では自然落下に任せるほかない。

Vブレーキの威力は高い

K3に付いているVブレーキはロードのキャリパー式より制動力が高いようで、人差し指・中指2本で容易に減速コントロールできる。常にブレーキをかけてスピードが出すぎないよう気を付ければ、下りはむしろロードバイクより安全といえる。

握力が弱い人でもブレーキを効かせられるし、キャリパーでは効きが弱くて不安になりそうな急坂でも、Vブレーキならぴったり止まれる。奥多摩周遊道路は路面がすべすべなせいもあってか、K3で下っても特に不安を覚える局面はなかった。

強いて言えば車体が小さいので、ガードレールに接触すると崖の下まで放り出されてしまいそうな恐怖を感じる。K3で急勾配の荒れた林道を走るとしたら、相当怖い思いをするだろう。

車体が軽い分、坂は有利?

都民の森で休憩した後、武蔵五日市駅まで長い下りを楽しんだ。3速でスピードは限界なので、下り坂ではロードバイクより大幅に遅れてしまう(上り坂ではそれほどタイム差が出ないかも)。

なんとなく見た目が不安定なのか、後ろから追い抜いていく車も慎重にパスしてくれるように感じた。段差にさえ気を付ければ、高速巡航時の安定性はロードとそれほど変わらない。

都民の森のダホンK3

久々にやってきた風張峠。振り返ると、奥多摩でここまで自転車で走って来たのは、膝を痛めて以来2年半ぶりだ。当時より年齢的、トレーニング強度的に体力は衰えているはずなので、小径車で峠を上り切れたのがにわかに信じがたい。

風張林道ゲート前のダホンK3

もしかするとK3は車体がロードより数キロ軽い分、ギアの少なさを補って余りあるアドバンテージがあるのだろうか。決して登坂向きには見えない14インチ車だが、車体の軽さや重心の低さなどいくつかメリットも思いつく。

近いうち同じコースをロードバイクで走り直して、タイムや疲労度を比べてみたい。