峠で乗り比べてわかったロードバイクとミニベロ、走行感の違い

ホイール直径700Cのロードバイクと、20インチ以下の小径車では乗り心地がどう違うのだろうか。サイズ感の違いからくるミニベロの取り回しやすさは想像がつくが、走行性能や振動吸収性の面ではどれほどロードに劣るのだろう。

ダホンK3という14インチの折りたたみ小径車に乗ってみて、あらためてロードバイクの良さに気づくことになった。またロードと比較した上で、K3の潜在能力やコスパの高さも実感することができた。

アンカーRFX8とダホンK3のサイズ感比較

アンカーRFX8とダホンK3

この2台はホイールサイズだけでなく、フレーム素材(カーボン/アルミ)、ハンドル形状(ドロップ/フラット)、ギア数(20段/3段)も異なるので、それぞれの特徴や使い勝手の違いも比較できた。

ロードバイク歴8年、ヒルクライムやトライアスロンのレースにもたまに出るそこそこシリアスなユーザーとして、ロードとミニベロを乗り比べた違いをまとめてみたい。新車購入の参考にしていただければと思う。

下りはロードが圧倒的に速い

自転車の走行性能のうち最も気になるスピード感については、ロードバイクの圧倒的勝利だ。トップスピードや爽快感を求めるなら、素直にドロップハンドルのロードバイクを買った方が早い。峠を含むロングライドだと、下りでスピードが出る分、所要時間は断然短かくなる。

特にK3はギアが3段しかないせいもあって、平地でどれだけペダルを回しても34km/hくらいが上限だった。一方、長い下りでブレーキをかけなければ、43km/hくらいまで出ることは確認できた。

時速30キロを越えてからも、重いギアを踏んでどんどん加速していく気持ちよさはロード特有といえる。峠の下りなら、アマチュアレベルでも時速60~70キロ近く出せる。スピードタイプのミニベロならこれに匹敵する速度が出るかもしれないが、14インチでは構造的な限界がある。

ダウンヒル好きのスピード狂なら、ロードバイクを選んだ方が幸せだ。逆にスピードが出すぎるのは怖いという性格なら、小径車を選べば自動的に上限が決まる(子ども向けにはいいかもしれない)。

登坂タイムもロードが上

ロードと小径車でヒルクライムのタイムも比べてみた。ダホンのK3はカーボンロードよりさらに車体が軽いので、ひょっとすると上りは負けないかもしれない。

奥多摩の風張峠で川野~月夜見第一駐車場までの9.3km区間、ロードのRFX8は36分、ミニベロのK3は42分かかった(山のふるさと村交差点の信号停止含む)。事前に2つ峠を越えてきたハンデを加味しても、ロードバイクの方が10%以上タイムを縮められた計算だ。

奥多摩のアンカーRFX8とダホンK3

左:アンカーRFX8 右:ダホンK3

序盤に平地区間があったので差がついたともいえるが、K3ではギアが足りずにほとんど立ち漕ぎだった。もし適切なギア比に替えて効率よくペダルを踏めれば、タイム差は縮められるだろう。

車体重量はミニベロの方が軽いはずなので、パーツのカスタム次第で登坂性能はもっと上げられそうな予感がする。とりあえずK3の初期状態では、平均勾配7%程度の峠でもサドルに腰かけたまま上るのは難しい。

巡航性能もロードが有利

平地を一定速度で走る巡航状態でも、ロードバイクの方がパワーロスが少ない気がした。体感的に同じくらいの運動負荷でペダルを回しても、ロードなら30km/hで走れるところ、小径車では25km/hくらいまで速度が落ちる。

車体重量や空気抵抗は大差ないとして、どうもミニベロはハブやスプロケットが高速回転するせいか、内部的な抵抗が大きいように思う。RFX8に履かせているNovatecのJetFlyホイールは、定価7万円のミドルレンジ。K3のダホン製ホイールに比べて性能も違うはずだ。

そもそもフレーム形状が違うので、小径車だとチューブが無駄に変形して力を取りこぼしているのかもしれない。Deltecワイヤーのおかげで一応K3もダイヤモンド型を実現しているが、正三角形に近いロードのフレームに比べると剛性は劣るだろう。

ダホンK3のDeltecワイヤー

久々に乗ったRFX8は、20km/hくらいの中間速度域で、適当にペダルを踏んでもするすると前に進む不思議な感覚がある。ちょっとくらいの上り坂なら、傾斜を意識しないで済む程度のスムーズさ。K3に比べればギア比がクロスレシオで、こまめに変速すれば一定ケイデンスを維持しつつ路面の起伏に対応できる。

直進安定性もロードが上

ダホンのK3では、とてもでないが怖くて手放し運転できない。地面に段差がなくても、勝手にハンドルが切れて転倒するような怖さを感じる。

一方でロードバイクは完全に安心できないが、短い距離なら両手を離して運転することもできる。これはフレームからボトルを取ったり背中のポケットから物を出したり、運転中に片手動作をする際の安心感にもつながる。

ホイールベースという面では、K3は極小サイズながら83cm程度長めに確保されている。それでも1mを超えるロードには及ばないわけで、ここの長さの違いが端的に反映されているのかもしれない。

久々にK3からロードに乗り換えると、ハンドルポジションが異常に遠くにあるように感じた。ドロップハンドルの幅も狭いので(K3の54cmに対し38cm)、意図したように前輪が回らずヘッドパーツのベアリングが固着しているのではないかと思った。

案の定、1分も乗っているとすぐに慣れた。K3のハンドルさばきがクイックすぎるので、そちらに慣れると他の自転車がもっさりしているように感じてしまう。ロードの前傾姿勢も最初は極端すぎる気がしたが、6時間乗って帰ってくると違和感がなくなる。

加速性能は変わらない

一般的に「小径車は加速に有利」といわれるが、実際はそこまでメリットを感じなかった。

信号待ちからのゼロ発進で、常にK3の方が速い気はしない。むしろ加速に適切なギア比を選べているかどうかによる。ロードで体重を乗せてダンシング加速するときの伸びは、小径車を高ケイデンスで回すよりずっと大きく感じる。

ホイールが小さいためか、車体の重量バランスによるのか、急坂でローギア・ゼロ発進しようとするとK3では前輪が浮くことがある。ロードバイクならラピュタ坂クラスの激坂でないと、前輪がウィリーすることはない。この問題は、体重を車体前寄りに乗せることで解消できる。

衝撃吸収性はカーボンがベター

比較対象のロードバイクRFX8は、アンカーのラインナップの中でもレースよりロングライド志向。今ではRL8やRL9という後継機が出ているが、8年乗り続けても特に不満が出ないくらい完成度が高い。走行中の疲れにくさに重きを置いて設計されているため、アルミフレームの小径車とは大きく差が出てくるはずだ。

路面の細かい凹凸は、確かにカーボンロードの方がマイルドに感じる。かつて低圧のチューブレスタイヤを履かせていたときは、もっとスムーズな乗り心地だった。K3で路面の凹凸に敏感になる感触は、薄手のバーテープに巻き替えたような印象だ。路面状態をダイレクトに感じ取れるという意味では、メリットと捉える人もいるかもしれない。

14インチの小径車では、路面のちょっとした段差でも車体が跳ねまくると予想していたが、K3はそこまで心配がいらなかった。体に伝わる振動というのは、フレームよりタイヤとチューブによる部分が大きいのだろう。K3で段差を超える際の衝撃は、タイヤに高圧で空気を入れたロードバイクとそう変わらない。

100km超のロングライド、ヒルクライムなど同等の条件でツーリング後の疲労感を比べてみても、小径車だからとりわけ疲れるということはない。むしろアップライトなポジションの分、首・肩まわりの痛みは減った。ロードに比べて手の平や肘が妙に痛くなるのだが、これはハンドル形状の違いによるものと思われる。

ミニベロで問題があるとすれば、路上の比較的大きなくぼみでロードよりタイヤが跳ねる点だ。大きな穴は注意すれば避けられるのだが、知らない間に突っ込んでしまってハンドルを取られそうになり、何度かびっくりさせられた。

それでもK3のコスパは高い

以上、走行性や振動吸収性の面でロードとミニベロを比較してみて、おおむねロードバイクの方が優れているという感想を持った。K3を買う前から予測はできていたことだが、実はそれより「14インチ小径車なのに良く走る」ということに驚かされた。

見た目のギャップにも関わらず、K3でも100km超のロングライドや峠のヒルクライムをこなすことは可能だ。ロードよりスピードは劣るが、その分、景色を眺めたり観光スポットに寄り道する楽しみ方もできる。

そして気づいたのは両者の価格差という側面。現在所有しているロードバイクは、105コンポの完成車で買って、諸々の改造を含めると40万は投資している。アンカー製品でもRFXはフルカーボンの入門用とはいえ、フレームセットだけで定価17万する代物だ。

一方のダホンK3は完成車に2千円程度のバーエンドバーを付けただけで、投資額はまだ8万円程度。かけている金額が5倍も違うのに、巡航・登坂スピード換算した性能差というのは、せいぜい2~3割劣る程度でないかと思う。そしてミニベロには、コンパクトに折りたためるという独自のメリットが加わる。

プロ用の高級機材になるほど、費用対効果というのは感覚的に繊細なレベルになっていく。ホビーライダーとしては、105コンポやノバテックの中堅ホイールでさえ、オーバースペックだったのかもしれない。

重量・体積あたりの走行性能や、コスパという側面から考えると、ダホンのK3は驚くほどよくできた機材だと思う。軽量アルミ製ホイールを買い足すくらいの予算で、街乗り・輪行用の万能マシンを手に入れることができる。

ロードの次に買う2台目としては、TTバイクやMTBより折りたたみ小径車を買った方が、自転車の楽しみ方が増えると思う。