DAHON K3でロングライド。14インチなのに走行性能の高さは異常

ダホンK3は14インチのミニマムなデザインながら、53×9-13-17Tというアグレッシブなギア比で設計されている。重めの3速でペダルを回せば、見た目によらず30km/h以上のスピードを出せる。

ホイールの小ささからロングライドに向いているようには見えないが、淡々と漕げばどこまでも進む。シェイクダウンのつもりが、つい楽しくて100km以上走ってしまった。

千葉県から都心経由で多摩川サイクリングロードに乗り、終点の羽村取水堰まで試走。途中でStravaのデータが飛んでしまったが、地図から再計測すると走行距離は93km。寄り道も合わせると1日の走行距離は120kmくらいあった。

高速域ほど安定する

K3は漕ぎ出し時にハンドルがぐらぐらして不安定だが、ある程度スピードが出てくるとまっすぐ走れるようになる。高速域での安定性は見た目以上。慣性が効いてくる面もあるのだろう。

Vブレーキも最初はガツンと極端に効く感じがしたが、慣れればレバーの引きを加減して微妙な減速もできるようになる。フラットハンドルやポジションの違いも、3時間くらい乗れば体になじんできた。ロードよりは前傾がゆるいので、乗車姿勢は楽になる。

ダホンK3で豊洲をサイクリング

サイクリングロードを20km/h以上で巡航している感覚は、ほぼロードバイクと変わりない。さすがに手放し運転できるほどではないが、路面の段差に気を付ければスピードを出してもそれほど怖い感じがしない。

長い下りなら40km/h以上出せるが、車体が激しく振動して制御不能になるような心配もなかった。ただ不意にフォークが折れるとか、高速回転しすぎてハブが壊れるとか、未知のトラブルが怖いので下りは控えめにしておいた。

クラッシャブルゾーンがない不安

時々ビルのガラスに映る自分の姿を見ると、こんな華奢な自転車に乗っているのかと不安に思う。特にロードに比べてホイールサイズが小さい分、自分が無防備になったように感じる。

まるでセダンタイプの乗用車から、軽自動車の箱バンに乗り換えたような感覚だ。前後にクラッシャブルゾーンがないので、衝突したら即死しそうな緊張感がある。路肩をよろよろ走っている小径車は車のドライバーから見ても怖いだろう。

ダホンK3、ディズニーランド前でサイクリング

シューズを固定しないフラットペダルなので、タイヤがスリップしなければK3で転ぶことはまずない。実際は車体が小さいからといって、転倒時に受けるダメージが倍増することはないだろう。むしろロードよりスピードが出ない分、安全と言えないこともない。

小径車は縦の段差に弱い

ロードから小径車に乗り換えるにあたって、まず心配なのは路面の段差だ。特に進行方向と垂直に走る段差(路肩の側溝とアスファルトの境界など)にタイヤ側面が接すると、ハンドルを取られそうになってヒヤッとする。

たとえば下の写真のような道路。路肩の側溝と並行にアスファルトが補修されている部分があり、K3では怖くて走れなかった。道路側にふくらんで段差を避けるのも危険なので、こういうところは歩道に乗るべきか迷う。

ダホンK3が苦手な路面の段差

スピードの出ない小径車は、無理に車と並走するより歩道を徐行運転した方が安全だ(歩道通行可の場合)。しかし歩道の縁石は14インチ車の天敵。前輪は注意して鈍角に乗り上げたつもりでも、後輪が引っかかって焦る場合がある。

ほかにも側溝のふたやアスファルトの段差など、歩道の中にも危険は多い。たとえば視覚障害者誘導用の線状ブロックは、雨に濡れていたりするとかなり怖い。

ダホンK3が苦手な視覚障害者誘導用の線状ブロック

14インチのタイヤは思わぬところで滑ったりするので、怪しげなところにはなるべく乗り上げない方がいい。路面に砂がかぶっているところを走ってみたが、すぐにハンドルを取られて1メートルも進めなかった。

浜辺のダホンK3

砂利の浮いた路面や凍結した雪道など、ロードでも危険を感じるような道は小径車で走らない方が安全だ。

タイヤの太さで安定感が増す

ロードバイクに乗っていても、このような段差や溝にタイヤがはまりやすい状況は同じだ。K3だと路面の段差に神経質にならざるを得ないので、自然と普段より運転が慎重になる。

完成車に付いているタイヤは小さいが、幅は1.35インチ(ミリ換算で約34C)と広めに設定されている。そのため、タイヤ幅23Cくらいだと挟まりやすいグレーチングの溝も、K3だと無難に通り抜けられたりする(滑りやすいことには変わりない)。

ホイール直径の小ささを補ってタイヤが太い分、走行時の安定性は700Cのロードバイクとそう変わらないのかもしれない。将来的に幅2インチのシュワルベ・ビッグアップルにタイヤを履き替えたら、安定感はさらにアップするだろう。

不意にハンドルを取られる縦の段差に比べて、向かって横(水平方向)に走る段差はさほど危険がない。ロードバイクでも、リム打ちパンク(スネークバイト)に配慮して段差をそっと上がるのは同じだ。

ガツンとくる衝撃にそなえて減速し、ハンドルをしっかり握っていれば、ミニベロでも難なく横の段差は超えられる。車体や身体に伝わるショックは、700Cでも14インチでも大差ない。ただし路面の細かい凹凸から来る振動吸収性は、さすがにカーボンロードの方が優れていると思う。

K3の走行性能は期待以上

ダホンK3は並みのロードバイクよりスペックが劣るとはいえ、見た目以上によく走るマシンだ。ルノーの14インチに比べてギアが3速あるのは有利と予想していたが、正直ここまで高性能とは思っていなかった。

K3の加速感や巡航速度は、試乗した20インチのミニベロと比較しても遜色ない。チェーンリングの歯数を増せば、もっとスピードを出せると思う(ただしリア9Tは激しく摩耗するだろう)。

ミニベロとしては長めのホイールベースで、Deltecというトップチューブ下のワイヤーが剛性向上に効いているように感じる。折りたたみ用のヒンジが必要なければ、テンションが加わったトップチューブはもっと細く設計できただろう。

14インチの小径車にして、この走行性能の高さはもはや異常。車体は7.8kgと軽量で、折りたためば極小サイズになるという特典付き。輪行もロングライドもそつなくこなす万能マシンが実売価格8万以下で手に入るというのは、ある意味すごい状況だ。

もしK3で峠も上れるなら、既存のロードバイクはいらなくなるような予感までする。中途半端なミドルレンジの20インチ車などは、存在意義がなくなってしまいそうだ。