徳之島トライアスロン:レース前日の受付と周辺観光、闘牛観戦

鹿児島港を出発したフェリーは、翌朝9時ごろ徳之島に到着した。レース会場で受付を済ませ、バイクを整備してから周辺を観光してみた。

大会参加者の特典として、レース前日に島名物の闘牛を見学できるイベントがある。その後は亀徳港の方までバスで送迎してもらえたりして、参加者は手厚いサービスを受けられた。

レース前日にチェックイン

鹿児島港を出発したマリックスラインのフェリーは、台風7号の接近にともない「条件付運航」になっていた。徳之島には無事たどり着けたが、予定の亀徳港でなく島の反対側にある平土野港に到着。島の中心街ではないが、レース会場には近かったのでかえって都合がよかった。

船から降りると、待機していたスタッフの方がトラックにバイクを積んで運んでくれた。ちょうど後輪がパンクしたまま走れない状態だったので、このサービスはありがたい。バイクだけでなく、人もバスで会場まで送ってもらえた。

徳之島でのロードバイク運搬

トライアスロンの会場は、天城町B&G海洋センター。体育館のような公共施設に、受付のデスクが用意されている。

徳之島トライアスロンのフィニッシュゲート

事務局からの案内によると、案の定明日のスイムは中止で、ラン→バイク→ランのデュアスロン形式になるそうだ。さらに本番ではバイクコースの短縮もあり、ほぼ「走るだけ」のマラソン競技になった。見事に台風上陸と重なってしまったので、レースが開催されるだけありがたい。

ロードバイクの保管場所

バイクは別の体育館の空きスペースに、適当に並べて置く方式。セキュリティーチェックのようなものはない。翌朝ここからピックアップして、スイム会場のトランジションエリアにバイクを持って行く。防犯面が心配なら、夜は宿までバイクを持って帰った方が安全かもしれない。

徳之島トライアスロンのバイク預託会場

会場でバイクのメカニックサービスを受けられる。1回1,000円と割安な料金で、チェーンの注油からディレーラーの調整まで、一通り車体を整備してもらえた。

バイクメカニックサービス

鹿児島で調達したタイヤとチューブに交換したあと、ブレーキやスプロケットまわりをタオルで拭って桜島の灰を落とす。しかし注油したばかりのチェーンから黒い液体が出てきて、らちが明かない。灰のせいというより、チェーン内部が錆びているのかもしれない。

スプロケットの汚れ

会場付近を自転車で観光

会場近くで地元の人がおすすめしてくれたレストランは、お食事処「きりしま」。街中の民家で、そこそこ大盛りの定食を食べさせてもらえる。見渡した限り、海洋センターのまわりにコンビニや商店は存在しない。

徳之島の食事処きりしま

午後はまるまる時間が開いたので、パンク修理したバイクで会場周辺を散策してみた。

まずは「尚子ロード」(かつて高橋尚子が練習した道路)を北上し、サンセットリゾート近くのビーチで明日のスタート地点を下見。台風さえなければ、宮古島並みに透明度の高い海で泳げたと思う。

徳之島トライアスロンのスイム会場

そこから会場に戻り、集落の近くにある西郷隆盛謫居(たっきょ)跡を見学。今は石碑しか残っていないが、西郷隆盛が島流しされて住んでいた場所だ。その後、奄美大島に渡ってそちらにもある謫居跡を見学することができた。

西郷隆盛謫居

ちょうど今年の大河ドラマは『西郷どん』。鹿児島市内では仮説の観光施設ができたりして盛り上がっていた。ドラマの影響で、徳之島や奄美大島にある、ゆかりの地を訪れる人もいるかもしれない。

石碑の脇には、「村の青年たちと力くらべをした」石が3個転がっている。一番軽そうな石は持ち上げられたが、ほかはびくともしない。レース前に腰を痛めてもおもしろくないので、無理はしないでおいた。走るのは得意だが、重い物を持つのは苦手だ。

西郷隆盛謫居の力石

平土野の観光名所

徳之島空港と平土野港の間に、陸の中の海「ウンブキ」という観光名所がある。かつて存在した鍾乳洞が沈下して400m先の海底とつながり、トンネルを伝って海水や生き物が内陸までやってきている。

階段を下りた先の洞窟はおどろおどろしい雰囲気だが、一見の価値はある。照明のスイッチを入れるとライトアップされる。

徳之島のウンブキ

さらに海岸を南に進むと、「犬の門蓋(いんのじょうふた)」という名所がある。ここの展望台・駐車場にあるトイレは翌日ランコースの途中にあり、利用することができた。

遊歩道を海に下って行くと「めがね岩」がある。そこからちょうど平土野港を出航していくフェリーが見えた。

徳之島のメガネ岩

海岸には波で侵食された奇岩があちこちにある。遠いので今回は展望台の上から眺めるだけにしておいた。

犬の門蓋

徳之島名物の闘牛見物

徳之島トライアスロンの参加特典として、レース前日に無料で闘牛を観戦できる。奄美群島や沖縄では、庶民の娯楽として日頃から闘牛が行われているらしい。

徳之島の闘牛会場

一般の入場料は2,000円で、最後に行われる抽選で家電や草刈機がもらえる(無料の招待客は参加できない)。一等は現金10万円。変わったものでは子ヤギや畑の肥料もある。

徳之島の闘牛(景品)

(クリックで拡大)

最初に地元の闘牛太鼓と踊り、ネーネーズ出身歌手によるコンサートが行われる。

闘牛は封切から横綱まで5回戦。角も合わせず降参してしまう牛がいたり、逆に10分以上続く激闘もある。横綱までくると体も大きくなり、見どころのある試合を見せてくれた。

徳之島の闘牛(横綱戦)

島内のシャトルバス

闘牛が終わると、各自の宿までまとめてバスで送ってくれるサービスがある。今回はレース会場とは島の逆側、亀徳港の付近に宿泊したので、会期中はシャトルバスに度々お世話になった。

バスの送迎を活用すれば、島のどこに泊まっても不便はない。どちらかというと亀徳港の方が栄えていてコンビニやスーパーも多い。フェリーもたいていこちらの港に着く。逆に空路でアクセスする場合は、徳之島空港のある天城町の方が近くて便利だ。

会場直結のホテルサンセットリゾートに泊まるのでなければ、あえて亀徳やほかの集落に泊まるのもありだと思う。デメリットとしては、当日の朝に早起きする必要があることくらいだろう。

(レース本番のレポートはこちら)